~五僧峠から鞍掛峠まで県境稜線縦走~ (6月例会山行)

山行日:2018/06/17(日) 曇りのち晴れ
参加者:男性会員2名、女性会員6名

登山コースタイム:
五僧峠(7:40発)→P694m(8:10~8:20)→東横根(9:05~9:15)→P676m(10:12~10:22)→ダイラの頭(10:55~11:05)→三角点(11:35~11:40)→三国岳(11:55~お昼~12:30)→三国岳最高点(12:40)→鞍部(13:00)→焼尾山(13:45)→鞍掛峠(14:05~14:15)→駐車場(14:25着) 所要時間休憩含む(6時間45分)

五僧峠
五僧峠

 

 

鈴鹿山脈県境稜線縦走・北部に挑戦。8名の参加で4台の車で鞍掛峠へ移動し2台を置車し五僧峠まで2台で移動。

 登山準備をして出発。すぐに急な尾根登りに入る。涼しい風が心地良い。アップダウンの繰り返しで東横根の手前まで来た。ここで右前方の山・東横根に向かって80m程を一気に上る。頂上(757m)は狭く見晴らしは今ひとつ。

 

 地図で方向を確認して身体を向けるが足元は低木の馬酔木が覆っていて登山道が分かりにくい。取りあえずピンクのテープに誘導されて歩き始める。尾根の分岐は沢山あり間違えやすいしアップダウンは多いし、手ごわい稜線歩き。結局ダイラの頭までその様な状態が続く。そんな中でも初めてピンクのヤマボウシに出会え心癒される。ダイラの頭は広々としたところ。

今回初めての方が多いコースなので三角点(815・0m)にもタッチし三国岳への急な上りをこなして三国岳(894m)着。滋賀県(近江の国)、三重県(伊勢の国)、岐阜県(美濃の国)との三国の堺の山ではあるが山頂の見晴らしはあまり良くなく残念。ランチタイムとする。
 最高点(911m)までは殆んど平行移動でルンルン気分着。ケルンの前で集合写真をカシャ。ここからは約150mひたすら激下りで鞍部。あとは当然のこと上り、焼尾山の分岐着。頂上をピストンする。ひと下りして見慣れた風景の鞍掛峠に立つ。お地蔵さんに感謝して駐車場に向かって下山。 

 最高点で集合写真
最高点で集合写真

 五僧峠まで車の回収をして鈴鹿へ。お疲れ様でした! 
 梅雨の中休みの貴重な晴れ間にこの縦走が出来て満足感でいっぱいです。  (K.Y記)