銚子ケ口(鈴鹿テント泊山行)

山行日  平成30年5月4日(金・祝)~5日(土・祝)
参加者  男性会員2名  女性会員5名
コースタイム
1日目(快晴のち曇り一時雨) 朝明(8:00)→県境稜線(9:20)→白滝谷出合(10:40~11:10)→風越林道・昼(12:00~12:25)→セト峠(12:40)→風越山(13:35)→銚子ケ口東峰(15:05)→北谷尻谷→コリカキ場(16:50)(テント泊)
2日目(快晴)  テント場(7:30)→上谷尻谷→ワサビ谷→ワサビ峠(9:25)→マキガ平谷分岐(9:50~10:15)→オゾ谷出合(10:45~11:15)→愛知川→タケ谷出合(11:35)→根ノ平峠(12:15~12:40)→朝明(13:40)

 鈴鹿山脈もテント泊となれば奥深いところまで足を伸ばすことが可能となり初めての計画である。個人装備にはシュラフ、マット、食糧が必要。その上、共同装備のテント、コンロを分散して持つこととなり、自然とリュックの重さは増す。

 よって朝明から県境稜線へは林道を使用。なだらかな下りの白滝谷道を歩き愛知川着。先日の雨で水量が多く、渡渉は登山靴を脱ぎ素足で左岸へ渡る。とっても水が冷たかった。
 ジュルミチ谷少し手前から山側に向かって登山道が整備されていてその通りに進むと風越林道に自然と着く。

セト峠からは風越谷右岸尾根を登る。上部にはシャクナゲの木が沢山あり見事な花をつけて迎えてくれた。

 最後の鞍部で空が暗くなってきたので雨具を着用。無事銚子ケ口東峰着。
水舟の峰まで廻り大峠から北谷尻谷に入る予定が時間不足でここから北谷尻谷に下りるこ
とに変更となった。コリカキ場に無事到着。
 テントは2人用に2人、2~3人用に2人、4人用に3人の3張りを設営。 

 次の日はテント場から上谷尻谷を上がる。途中「山シャク」に会えて感激する。
見とれながら歩いていたのでワサビ谷に気が付かず通り過ごしてしまい、バックする。
ワサビ峠からオゾ谷に入り愛知川着。ここでは靴を履いたままピシャピシャと早足で渡渉
する。ここからは見慣れた風景の中を朝明まで気楽に歩く。
 5名の方はテント泊山行が初めてとの事。これからが楽しみ!      (K・Y記)