岳連自然保護委員会・清掃登山と研修会(11/26)

場所:コブ尾根(ハライド・南コブ)、朝明渓谷周辺

会員6名(内、日本山岳SC協会自然保護委員1名)で三重県山岳連盟の企画に参加しました。登山道にはほとんどゴミはなく即席で読図講習会となりました。東海自然歩道及び渓谷沿いの車道に多くのゴミがあり、予定時間をオーバーして回収しました。
清掃活動後の研修会では委員長が鈴鹿山系の現状を多くの動植物のスライドで説明されました。