針ノ木岳~爺ケ岳 縦走登山

9月8日(金)~9月10日(日)       
メンバー 会員3名
タイムスケジュール   
9/7 22:00 鈴鹿出発 目的地の扇沢駐車場を目指す
9/8 4:00 休憩、朝食、登山の用意をする
9/8 6:30 登山届提出 針ノ木岳登山口を出発 雪渓は雪も少なくなり、殆ど夏道を歩く
11:30 針ノ木峠着 針ノ木小屋に予約後 休憩、昼食を摂り蓮華岳ピストン    小屋泊
9/9 6:15 登山開始
       針ノ木岳、スバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳、 15:45種池山荘着 小屋泊
9/10 5:50  登山開始 爺ケ岳をピストン  南峰 6:30  本峰(中岳)6:55
   8:00  下山開始 休憩後 柏原新道を下山
   11:00  爺ケ岳登山口着 「薬師の湯」にて入浴、昼食を摂り鈴鹿に向かう
   20:20  鈴鹿着 解散

前々から、山友に「このコースは景色が良いよ」と勧められていたので、ようやくにして実現できた。
雪渓は少なく殆ど夏道で、涼しい雪渓歩きはできなかった。針ノ木峠直下のジグザグはしんどく、休み休み行く。
9日は、思い描いていた縦走ではなく、なかなかのアップダウンが続き厳しいルートだった。
頂上に着き、ザックを置いて眺める景色は、素晴らしく近くに大きな剣岳が、少し視線を回すと鹿島槍ケ岳、
遠くに槍、穂高も見える。
新越山荘でもザックをおろし、ベンチで休憩、若いお兄さんから「この先に雷鳥がいましたよ」と聞く
岩小屋沢直前で雷鳥の親子を発見、そのノンビリさにしばし見とれてしまった。
種池山荘までは遠く、小屋直前の登りはヘトヘトで小屋に辿り着いた
10日も快晴に恵まれて、爺ケ岳、南峰、本峰(中岳)をピストン   絶景を楽しむ
ありがたいことに、体調不良や故障者も出ず、ほぼ予定通りに山行を終えることができた