忘年会&忘年山行

鈴鹿山岳会の忘年会が12月10日16:30から小岐須山の家において21名の参加者が各自一品持ち寄りで賑やかに行われ、お酒を酌み交わしながら楽しいひと時を過ごした。
偶然にも12月10日は私の誕生日であった為、女性群のイキな計らいで「サプライズお誕生会」をしてもらう。Y・Mさんの手作りのバースデーケーキのプレゼントに「ウルウル」、「感謝感激」。全員で美味しく頂いた。御馳走様でした。この場を借りて御礼申し上げます。
20:30頃に中〆として会長さんの音頭で気持ち良く「一本〆」をする。
後は泊まり組で「山の歌」のレッスン。その後はいびき隊の合唱コンクールでした。

翌日は忘年山行で16名の参加。野登山~仙ケ岳周回、コースタイムは次の通り。
祓塚駐車場(8:00)→一の谷→マド(9:00)→国見ひろば(9:30)→野登寺(9:45)→仙鶏尾根→仙鶏乗越(10:45)→仙の石(11:15~11:50)→仙ケ岳(12:00)→小社峠(12:20)→林道(13:10)→大石橋→祓塚駐車場(14:00)

 一の谷を歩いている間は風も無く、穏やかな日差しに包まれていたが、尾根上(マド)に飛び出たらやはり冷たい風でヤッケ等の風対策をする。国見ひろばは広々として景色良好、遠くには御嶽山が姿を見せてくれる。もちろん頂上は雪化粧。(噴火時の事がウソの様)。
野登寺へお参りしてその左横の子安地蔵尊の方へ移動。ここで会長さんから説明、建物の前にある4枚の石の橋の裏にそれぞれ地藏さんが彫られているとの事。しゃがんで眺めてみれば「なるほど」でした。子安地蔵尊にお参りする際にこの橋を通らしてもらってお願いするのだそうです。初めて知りました。

後は仙鶏尾根のアップダウンとヤセ尾根の連続を繰り返しながら仙の石着。ここでランチタイム。とても寒く、さらに防寒着着用。仙ケ岳頂上を踏み小社峠へ。ここからは11/2に登山道整備した道を下山する。
長い、長い林道歩きも苦にならず駐車場着となった。
                                  (K・Y記)