7月度山行・雨乞岳

山行日:2016年7月14日(木)

コース:鈴鹿市文化会館第三駐車場⇒スカイライン武平峠先の駐車場
    雨量計横より登山開始⇒一服峠⇒P967⇒三人山⇒東雨乞岳⇒雨乞岳⇒七人山(昼食)→クラ谷→⇒駐車地
参加者:10名

5:58  鈴鹿市文化会館・第三駐車場を車三台に分乗して出発
6:46  武平峠、滋賀県側を過ぎた雨量計近くの駐車場に到着。アカショウビンの声を耳に、雨上がりの新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んでのMoさんのストレッチでスタート。
7:07  出発
7:12  雨量計前の沢を渡渉、幸い水量も多くなくほっとする。
7:40  一服峠、休憩。
8:10  P967地点、地図確認後、涼風の中軽快に歩を進めて、群界尾根より振り返ると鈴鹿の名峰鎌ケ岳が美しいシルエットで立っているのが眺められる。
8:40  三人山、休憩 これから長い急登が続く、小休止をとりながらゆっくり登る。
9:35  東雨乞岳頂上到着、天気良好でも眺望はガスがかかってまあまあ。
9:50  雨乞岳頂上、ガスも晴れて皆さんおなじみの鈴鹿の山と北に綿向山など展望を楽しむ。メンバーそれぞれこれから行きたいコースなどで話が尽きない。
10:15 東雨乞岳、雨あがりでぬかるみと水溜りでの転倒注意。クラ谷からの登山客あり
    足元もきれいで、渡渉も大丈夫と判断。

10:43 七人山、昼食、風があり涼しく休憩中は上着を着用。白い夏椿の花が落ちている、
    見上げると高い梢に一輪、二輪咲いていた。
11:20 七人山のコルの分岐を南に下りクラ谷に入る。幸い少しの増水で済み、何度かの
    渡渉もクリアーして順調に下る。
12:18 沢谷峠、コクイ谷分岐で休憩。夏木立の中を下山。
12:37 群界尾根分岐、右折して北西方向に少し登ると一服峠に至り、その後急坂を慎重に
る。
13:04 雨量計前の登山口に無事到着。
    涼しい木陰でMoさんにストレッチをお願いする。
13:40 解散。文化会館駐車場に戻る。

明け方の土砂降りに目を覚ましてリーダーの力量に不安な上に更に川の増水?登山道の荒れ?等の心配が重なって、暑さや雷、ヒル、等への心配が尽きず心はブルー!
でも、7月の山行かと疑いたくなるさわやかな涼風に迎えられ、雨上がりのきれいな空気と、木々の緑、トンボやセミ、鳥のさえずりを楽しみながら全員無事下山することが出来ました。良かったです!参加者の皆様お疲れ様でした。
皆様には新米リーダーへのいろいろな助けをいただきありがとうございました。お礼申し上げます。春になったら群界尾根のシャクナゲ林へ花を見に行きましょう。