2月例会山行(陽だまりハイク 姫越山503m~座佐ノ高429m)

2月11日(水) 無風 快晴  メンバー 女性会員5名 男性会員2名 計7名


アクセス

鈴鹿より23号~306号~津IC入る~伊勢道~気勢道~大内山IC出る~県道68号~260号~錦、日の出公園P 約2時間


8時20分姫越山北登山口~9時40分姫越山(10分休憩)~10時35分座佐ノ高(タカ)10分休憩~11時00分芦浜・新桑(サラクワ)分岐に戻る~11時55分芦浜海岸(50分昼食、休憩)~13時07分芦浜峠~13時35分近畿自然歩道分岐~14時15分P189三角点~14時45分近畿自然歩道入り口~車道~15時00分錦漁港



冬季は雪山が主体です。防寒具、装備を入れたザックは重く、ピッケル、アイゼンワーク、ラッセル、ルートファインデイング。さらに天候等々、素晴らしい樹氷の世界を堪能するにも、難度やリスクは高くなり、技術、経験、寒さに耐えうる体力、つまり普段の訓練や努力が要求される。参加者も限定される。それでは雪のない山はいかがでしょう。こうなると、やはり女性会員の参加が多くなる。


鈴鹿の山の山名標識が積雪に覆われるこの時期、姫越山は山シャツ1枚、トレッキングシューズで気軽に登れる。今日は、無風快晴、絶好の陽だまりハイクが楽しめました。いつもは山の美しさに魅せられるのですが、日本の海岸線の美しさを再認識させられました。


トップを姫越山70分のMちゃん 以下単独100名山完登のK(女性)さんと続き、ラストがリーダー、思惑通り芦浜まできっちり予定時間内に到着。全員、列を乱さず、遅れず、頑張って歩いていただきました。時間に余裕が出来たので、近畿自然歩道分岐からは大回りで、のんびりと黒島展望台経由で歩き、錦魚港で新鮮なサザエ、イカ、冷凍魚、酒の肴をお土産に帰路についた次第です。 たまにはいいか陽だまりハイク チャン! チャン! 

                                    記 R H