鈴鹿市市民登山大会 北アルプス・西穂高岳独標

鈴鹿市山岳協会主催で、1泊2日の登山大会が行なわれました。一般の方18名、会員22名の参加がありました。

1日目、鈴鹿市をバスで出発の時は雨模様でしたが、キャンセルの方もなく新穂高ロープーウェイ駅に向いました。ロープウェイを降りると西穂高をはじめ北アルプスの山々の展望を楽しみながら西穂山荘まで約2時間歩きました。

2日目は早朝より悪天の為独標登頂は中止とし、足元の悪い中、ロープウェイ駅まで慎重に下山しました。その後、ロープウェイの乗り継ぎ場の鍋平高原や平湯の温泉、帰路も途中のSAで時間をゆったりとり鈴鹿へ戻りました。

独標登山を楽しみにしていた方には残念な結果となりましたが、怪我人も出ず、大会を終了することが出来ました。