[個人]大井谷左岸尾根から二子山へ

 

 

前日の雨が翌30日の午前中ぐらいまでは残るかも知れないなァーと思いながらも降水確率30/20だったので、“まぁーなる様になるさ”と腹をくゝり自宅を730に出発して朝明駐車場900前に到着。

幸いな事に上空も明るく一部青空も覗いてきた。

参加者10人。(会員8名、他2名)

 

大井谷の左岸尾根末端から取り付いて急な尾根芯を拾いながら上へ上へと登る。

この尾根は風もよく通り流れる汗も余り苦にならない。

否、どちらかと云えばさわやかなぐらいだ。

この尾根から眺める釈迦の大ガレや県境稜線の景色は皆さんにもお勧めしたい程だ。

 

県境稜線に1140に到着、昼食とした。

1215に出発して10分程南下、白滝谷分岐より尾根道を西方向にとり二子山へと向かう。

いくつもの枝分かれしている尾根を地図と磁石とGPSでたえず確認しながら、そして所々にある赤テープを拾い二子山南峰1310着。

今回二子山北峰は見送り、こゝよりヒロ沢出合に向けて進路を南方向にとり30分程で出合に降り立つ事が出来た。

愛知川(神崎川)で汗でグッショリのシャツを脱いで河原の石の上に広げ、冷たい川の水で身体を拭いてサッパリ。

川面を吹く風が心地良い。

 

1420ヒロ沢出合を出発、1510ハト峰峠1610朝明駐車場へ到着して解散。

 

鈴鹿の自宅の玄関前へついたらカミナリと雨が来た。

誠にberrygoodな一日であった。                   吉川記

活動報告》平成25年度(2013)》個人山行