【岳連行事】安全登山啓蒙活動

鈴鹿山系連絡協議会事業として行なわれた、鈴鹿山系春山の「安全登山と自然保護」啓蒙活動に参加しました。鈴鹿山系の三重県側で5山、7か所の登山口で実施されました。

当会は四日市の宮妻峡(鎌ヶ岳・入道ヶ岳)を分担し、警察の方2名と岳連他山岳会会員1名、当会5名(途中、別の登山口へ応援あり)の8名で活動を行ないました。

 

登山届をその場で記入してもらい入山コースの確認。水・食料、雨具、電灯、地図・コンパスの携行の確認。自然保護の呼びかけパンフレット配布を行ないました。

 

約2時間の間に駐車場は満車、87名の集計を得ました。