2019年

2月

17日

岳連・初心者対象積雪期登山研修(2/17)

三重県山岳連盟の『2019初心者対象積雪期登山研修』に会員8名が参加しました。

岳連加盟5団体から40名ほどの参加者がありました。
冬山での装備や行動中の注意点について説明後、各山岳会単位で訓練場所まで行動し、ツボ足でのダイヤモンド登降、ピッケルの持ち方、アイゼン、ワカンでの歩行などの雪上歩行練習をおこないました。又、滑落時の初期制動法、滑落停止方法の体験もおこない、初心者の方にはよい研修となりました。
昼食時には、ビーコンによるサーチ&レスキューのデモンストレーションもありました。


当初訓練場所までの登山道通過を心配していましたが、今季は積雪がほとんどなく、今回始めてアイゼンを使う会員も問題なく移動でき、訓練場所では指導員の細かいアドバイスで雪上歩行も不安なく行うことが出来ました。又、雪山経験会員も学ぶことが多くよい研修会っでした。

2019年

2月

03日

2/3 月例山行 御在所雪遊び

  御在所山頂でスノーシュー体験を計画していましたが、雨天予報の為中止となりました。

2019年

1月

20日

1/20(日)  月例山行 樹氷まつりの「三峰山」1235.4m

 コース:不動滝~三峰山~八丁平~野り尾

 参加:10名+4名

2019年

1月

13日

1/13(日)  月例山行 研修会(読図とナビゲーション)

場所:亀山市関町 観音山&大黒山  参加:9名

9時半道の駅集合後、観音山SL公園へ移動、ミーテイング、スマホ使わない約束で予めナンバリング(1~10番)したカシミール地形図を使い、ペア5組に別れA,B,C各3コースへ10時SL公園を出発!
行きつ戻りつクリア?の各番号にチエック入れながら小休憩、挟み取りあえず40~50分で完行。
観音山224Mは地形に特徴が少なく逆に地点の特定が難しかったが、見晴らしも良く観音地蔵が24カ所ほど有り観光気分だった。

その後、車道挟んだ北隣の大黒山へ。
同じくペアでD,E,2コース(11~19番)、一転急登でゼーハー!
大黒山は筆捨山へ通じる東海自然歩道がメインだが地形は尾根、沢共にハッキリし読図には、いい場所に思う。

今後又機会有れば勉強会を!

2018年

12月

17日

月例山行(12/16)鬼ヶ牙~臼杵山周回

コース:鬼ケ牙→長坂の頭→大岩→舟石→臼杵ケ岳→臼杵山周回

参加者:8名+体験2名

2018年

12月

17日

忘年会&忘年山行

12/8(土)15時に湯の温泉ロッジ集合。(参加者:20名)

宴会前に安全登山指導者研修会の伝達講習を行ない、いろいろな意見交換もできました。

入浴後、18時頃から宴会開始。途中、隣の部屋から三重岳連加盟のT山岳会も混ざり、マジックショー、カラオケ大会と山行とは違う盛り上がりとなりました。
12/9(日)

翌日は宿先から移動して、東海自然歩道でハイキングを楽しむ。途中、小雪舞う寒い日でしたが、半日行程で風越峠~ネコ~笠岳を周回しました。

2018年

12月

06日

11月活動報告

11/9(金)  鈴鹿市合同訓練 雨天中止。

(以下、自主山行にて登山道整備)
11/13(火) 入道ケ岳登山道整備(池ケ谷3番まで・滝ケ谷3番まで) 
       ・ 池ヶ谷コース ロープ設置及び通報ポイント③標識位置変 
11/15(木) 宮指路岳登山道整備(カワラコバ、登山口より11番まで)
11/16(金) 宮指路岳登山道整備(カワラコバ、16番まで)
11/25(日) 宮指路岳登山道整備(カワラコバ、小岐須峠18番まで) 
 ・16番の迂回路変更。鎖の設置個所手入れ 
11/27(火) 仙ケ岳登山道整備(仙ケ谷、登山口より小社峠まで完了) 
  ・仙ヶ谷小社峠コース倒木切断、カワラコバコース調査と一部補修

12/02(日) 入道ケ岳登山道整備 
   ・井戸谷上部~北の頭~奥宮~イワクラ尾根上部~頂上鞍部 池ケ谷上部の登山道

2018年

11月

30日

月例山行 入道ヶ岳(11/26)

コース:井戸谷ポイント5番通過後左折~イワクラ~二本松尾根7番の上~頂上~二本松尾根~短山国見岳~堰堤  (一部バリエーションコース含む) 6名参加。

 

11月は個人山行の予定等も多く、会としての山行がなかなか決まらなかった。

11/7の例会にて平日開催の地元入道ヶ岳のバリエーションコース歩きが計画された。

紅葉の木を眺めたり、コース途中に現れる椿大社の聖地(磐座)を巡る山歩きをのんびりと楽しみました。

2018年

10月

26日

月例山行 登山道整備(10/26)

入道ヶ岳・井戸谷

 

先の台風21.24号通過後に倒木等で通行が困難になっている登山道整備をおこないました。11名参加。

2018年

10月

02日

9月活動報告

9/5(水)~9/10(月)夏山山行 北ア・雲の平 
 台風上陸の為、山行を中止しました。
9/22(土) 例会山行 綿向山 (熊野神社起点周回コース)
 悪天の為、中止。
9/23(日)~9/24(祝)研修会 ビバーク法 七人山 
 CL都合中止。
9/29(土)~9/30(日)鈴鹿市市民登山大会 北ア・西穂高岳独標
 台風上陸の為、中止。

 

2018年

8月

25日

SO日本三重登山支援

 スペシャルオリンピックス日本三重の登山プログラム支援で、知的障がいのある人達との登山に会員6名が参加してきました。 

 自然の中、いつもとは違う人とのコミニュケーションのお手伝いです。

 猛暑の為、山頂までは行きませんでしたが、楽しい山歩きが出来ました。

2018年

7月

31日

7月活動報告

7/13(金)~7/15(日)坂口登山フェス(飯綱山大会)2名参加
   
7/19(木)~7/22(日)[自主山行]慰霊登山(北ア南岳) 遺族同行(横尾合流)
    上高地→横尾→天狗原→南岳(ピストン)(横尾1泊、南岳1泊、横尾1泊)10名参加
   
7/28(土)~7/30(月)夏山山行 白山 吉川 洋
     大白川 CP 場(泊)-平瀬道-白山室堂(2450m)・センター(泊)-お花松原(往復)-大白川
    台風 12 号上陸の為、中止

2018年

6月

17日

~五僧峠から鞍掛峠まで県境稜線縦走~ (6月例会山行)

山行日:2018/06/17(日) 曇りのち晴れ
参加者:男性会員2名、女性会員6名

登山コースタイム:
五僧峠(7:40発)→P694m(8:10~8:20)→東横根(9:05~9:15)→P676m(10:12~10:22)→ダイラの頭(10:55~11:05)→三角点(11:35~11:40)→三国岳(11:55~お昼~12:30)→三国岳最高点(12:40)→鞍部(13:00)→焼尾山(13:45)→鞍掛峠(14:05~14:15)→駐車場(14:25着) 所要時間休憩含む(6時間45分)

五僧峠
五僧峠

 

 

鈴鹿山脈県境稜線縦走・北部に挑戦。8名の参加で4台の車で鞍掛峠へ移動し2台を置車し五僧峠まで2台で移動。

 登山準備をして出発。すぐに急な尾根登りに入る。涼しい風が心地良い。アップダウンの繰り返しで東横根の手前まで来た。ここで右前方の山・東横根に向かって80m程を一気に上る。頂上(757m)は狭く見晴らしは今ひとつ。

 

 地図で方向を確認して身体を向けるが足元は低木の馬酔木が覆っていて登山道が分かりにくい。取りあえずピンクのテープに誘導されて歩き始める。尾根の分岐は沢山あり間違えやすいしアップダウンは多いし、手ごわい稜線歩き。結局ダイラの頭までその様な状態が続く。そんな中でも初めてピンクのヤマボウシに出会え心癒される。ダイラの頭は広々としたところ。

今回初めての方が多いコースなので三角点(815・0m)にもタッチし三国岳への急な上りをこなして三国岳(894m)着。滋賀県(近江の国)、三重県(伊勢の国)、岐阜県(美濃の国)との三国の堺の山ではあるが山頂の見晴らしはあまり良くなく残念。ランチタイムとする。
 最高点(911m)までは殆んど平行移動でルンルン気分着。ケルンの前で集合写真をカシャ。ここからは約150mひたすら激下りで鞍部。あとは当然のこと上り、焼尾山の分岐着。頂上をピストンする。ひと下りして見慣れた風景の鞍掛峠に立つ。お地蔵さんに感謝して駐車場に向かって下山。 

 最高点で集合写真
最高点で集合写真

 五僧峠まで車の回収をして鈴鹿へ。お疲れ様でした! 
 梅雨の中休みの貴重な晴れ間にこの縦走が出来て満足感でいっぱいです。  (K.Y記)

2018年

6月

16日

研修会(救急法)普通救命講習Ⅰ受講(6/16)

 梅雨時の6月の企画として研修会を行ないました。(皮肉にもこの日は晴れでした)

 消防署で定期に行われている救急法講習会を会員だけで受講できるように依頼し、鈴峰分署の救助隊の方に講師をしていただきました。

 管内の遭難事案の紹介、携帯電話の電波情報共有サイトの紹介、熊と遭遇した時の対処法など、一般講習では聞けないお話もしていただきました。

 救命処置の流れ、心肺蘇生法、AEDの使い方を一通り実習、確認しました。実習中も色々と質問が出て、よい研修会となりました。

※携帯電話の電波情報共有サイト「山の電波地図」https://chizroid.info/denpa/st/mountains
Androidアプリ山旅ロガーで記録した場所ごとの電波情報を共有して,電波の状態を地図上で閲覧できるサイトです.無料ですので,よろしければご参加ください.http://www.chizroid.info/denpa/


※熊には逃げるものを追いかける習性があるので、背中を見せて走って逃げるのはNG。熊を見ながらゆっくり後ずさりして距離を置く。この時大声をあげるのはNG(熊がパニックで攻撃してくる)。死んだふりもダメ(熊は死肉も食べるので捕食されてしまう)。

2018年

5月

27日

月例山行(5/26)宇連山

宇連山登山(929m)(愛知県新城市門屋字鳳来寺) 日帰り周回登山
    コース:愛知県民の森→南尾根道→滝尾根分岐→北尾根分岐→頂上→北尾根分岐→滝尾根道→登山口

  (行動時間7:30)

  参加人数:13名

2018年

5月

21日

甲津畑から雨乞岳へ(5月例会山行)

山行日:平成30年5月20日(日) 快晴
参加者:男性会員3名  女性会員7名     体験者1名
コースタイム:鳴野橋P(7:40)→桜地蔵(8:25)→ツルベ谷出合(8:50)→大峠(10:30~10:40)→清水頭(12:00~12:40・昼)→南雨乞岳(13:05)→雨乞岳(13:30)→西尾根→蓮如上人旧跡(16:05~16:15)→桜地蔵(16:40)→駐車場(17:15)

さわやかな空気と風、そして目に優しい若葉の新緑の中を気分よく元気に林道を歩く。
ツルベ谷分岐からは千種街道から離れツルベ谷道へ進む。左岸、右岸と踏み跡を確認しながら大峠を目指すが上部で右の方に振ったため大峠からやや西の位置に出た。東に稜線を下り無事に大峠に立つ。ここから標高差100m程の急登が待っている。足元が滑りそうになりながらも全員が頑張る。登りきれば後ははっきりした尾根芯を時には低く伸びたシャクナゲの枝と戦いながらもお散歩感覚で楽しく歩く。シャクナゲの花は僅か1~2本の木だけだがピンクの花をつけて待っていてくれた。
右手の植林帯、左手の自然林の間を抜けるとP1095m。今まで歩いて来た雰囲気とはまるで違う別世界の広々とした素晴らしい風景が広がる。ルンルンで清水頭着。

360度パノラマ景色を見ながらのんびりとランチタイム。ここでお昼寝したい気分。 

 南雨乞岳目指し登り始める。足元の笹は上に行くほど長くなって歩きにくい。南雨乞岳着。しかしここから雨乞岳までの笹は自分の身長よりも大きくて非常に難儀しながら歩く。これが本当の「藪漕ぎ」で苦労の末に雨乞岳の頂上に立ち「フー」とひと息。東雨乞岳には10人程の登山者の姿が見えた。
杉峠~千種街道下山予定がリーダーから「西尾根を下ります」の一言でバリコースに変更。地図とコンパス、GPSと戦いながら蓮如上人旧跡のところにピタリと下りた。
ゆっくりと休憩をして千種街道を歩き駐車場着。
 本日の所要時間9時間25分の超ロングではあったが天気の良い中で満足の一日。
体験のTさんお疲れ様でした。又ご一緒にお願いします。       (K・Y記)

2018年

5月

19日

岳連・自然観察会(5/19)

自然保護委員会主催の春の企画、「竜ヶ岳山上裸地化視察とシロヤシオ」に会員2名が参加。


『年々裸地が広がりシロヤシオの倒木も増える竜ヶ岳山上を見に行き、山と増えすぎた鹿との現状を考える』をテーマに、自然保護委員及び岳連加盟団体会員計15名の参加でした。

 

一日中ガスは晴れず、午後からは体が持ってかれるくらいの強風の中、なかなかに楽しい山行で、セキオノコバから静ヶ岳一帯は池の点在する癒し空間、新緑を満喫しました。

2018年

5月

19日

鈴鹿山系春山の「安全登山と自然保護」啓発活動(5/19)

毎年、春・秋に鈴鹿山系の主だった登山口で行われる安全登山啓発活動に会員5人で参加。
担当は入道ヶ岳・鎌ヶ岳への入山口のひとつの宮妻渓登山口で、四日市市の観光P課の方、西警察署の方と共に7:30-10:30の間活動を行ないました。

「登山届の提出促進」「安全登山指導」「装備品の確認」「アンケート調査」を実施し、入山者に安全登山を呼びかけました。

2018年

5月

04日

銚子ケ口(鈴鹿テント泊山行)

山行日  平成30年5月4日(金・祝)~5日(土・祝)
参加者  男性会員2名  女性会員5名
コースタイム
1日目(快晴のち曇り一時雨) 朝明(8:00)→県境稜線(9:20)→白滝谷出合(10:40~11:10)→風越林道・昼(12:00~12:25)→セト峠(12:40)→風越山(13:35)→銚子ケ口東峰(15:05)→北谷尻谷→コリカキ場(16:50)(テント泊)
2日目(快晴)  テント場(7:30)→上谷尻谷→ワサビ谷→ワサビ峠(9:25)→マキガ平谷分岐(9:50~10:15)→オゾ谷出合(10:45~11:15)→愛知川→タケ谷出合(11:35)→根ノ平峠(12:15~12:40)→朝明(13:40)

 鈴鹿山脈もテント泊となれば奥深いところまで足を伸ばすことが可能となり初めての計画である。個人装備にはシュラフ、マット、食糧が必要。その上、共同装備のテント、コンロを分散して持つこととなり、自然とリュックの重さは増す。

 よって朝明から県境稜線へは林道を使用。なだらかな下りの白滝谷道を歩き愛知川着。先日の雨で水量が多く、渡渉は登山靴を脱ぎ素足で左岸へ渡る。とっても水が冷たかった。
 ジュルミチ谷少し手前から山側に向かって登山道が整備されていてその通りに進むと風越林道に自然と着く。

セト峠からは風越谷右岸尾根を登る。上部にはシャクナゲの木が沢山あり見事な花をつけて迎えてくれた。

 最後の鞍部で空が暗くなってきたので雨具を着用。無事銚子ケ口東峰着。
水舟の峰まで廻り大峠から北谷尻谷に入る予定が時間不足でここから北谷尻谷に下りるこ
とに変更となった。コリカキ場に無事到着。
 テントは2人用に2人、2~3人用に2人、4人用に3人の3張りを設営。 

 次の日はテント場から上谷尻谷を上がる。途中「山シャク」に会えて感激する。
見とれながら歩いていたのでワサビ谷に気が付かず通り過ごしてしまい、バックする。
ワサビ峠からオゾ谷に入り愛知川着。ここでは靴を履いたままピシャピシャと早足で渡渉
する。ここからは見慣れた風景の中を朝明まで気楽に歩く。
 5名の方はテント泊山行が初めてとの事。これからが楽しみ!      (K・Y記)

2018年

5月

02日

西穂高岳・独標(春山山行)

山行日   平成30年5月1日(火)~5月2日(日)
参加者   男性会員3名  女性会員4名
1日目 (快晴)
 鈴鹿(6:30発)→鍋平駐車場(11:55着)→しらかば平駅(12:45発)~~~西穂高登山口駅(12:52着)・(13:10発)→西穂山荘(14:45着)・(15:00発)→丸山(15:20)→西穂山荘(16:15着)

西穂高登山口駅から100m程歩いた所からアイゼンを装着する。トレースがある雪道で大変歩きやすい。北アルプス・春山山行が初参加の女性2人は心配していたと思うが難なく山荘に着いた。
明日の天気予報が良くないのでリーダーの指示で丸山まで行く事となる。
ノーアイゼンで出発。山荘からひと登りしたところからは雪は無くなり、夏道で丸山着。
青空の下、360度のパノラマ景色に満足する。

2日目 (薄日から曇りのち雨)
 西穂山荘(6:30発)→丸山(6:45)→独標(7:55)→西穂山荘(9:05着)・(9:30発)→西穂登山口駅(10:30着)・(10:45発)~~~しらかば平駅(10:52着)→鍋平駐車場(11:20着)→入浴、昼食後(14:00発)→鈴鹿(19:15)

 朝の目覚ましが「天気がえーから独標に行くぞ!」とリーダーの声。
朝食後出発し丸山を通過。後は急な長い登りをガマンして登る。もちろん夏道。
独特の形をした独標が近くなる。この岩塊を初体験の2人は三点確保で集中して登り切った。標識に抱き着く。不安から取り離された瞬間だったと思う。「ばんざ~い!」。
空模様が怪しくなってきたので記念写真をとって下山する。
西穂山荘に着くとほんの一瞬ではあるがパラパラと白いものが降ってきた。
その後は曇り空の中、アイゼン装着で全員元気に下山した。
15時頃からは大雨。なんと!ラッキーな山行だったのかと感謝する。
                                   (K・Y記)